看護師の転職で有利になるコツやポイント|選び方もアドバイス!

22 8月

看護師の転職を考える|自分を知って選び方を知る

Posted in 未分類 on 22.08.13 by Merlyn

人生の早い段階から将来の職業を考え、専門的な知識・技術を習得して今に至っているナース。 世の中からは「目標に向かって一直線」というイメージを持たれるかもしれませんが、人生プランの生むについて質問したところ、「ない」「迷っている」という人の合計が過半数という結果もあります。

 

「なぜ働くのか?」という質問で最も多かった「生活の手段」という答えと重ね合わせると、「将来のことはわからないけど、とりあえず、目の前の生活のために働いている」という姿が浮かび上がってきます。

 

ナースとしてキャリアを磨く、ほかの世界へ活躍の場を広げる、あるいは、プライベートの暮らしを充実させるなどなど。今後の選択肢は様々です。でも、それらを充実したものにするためにも、まずは「自分」というものをもう1度見直す必要性があります。

 

このサイトでは、そのような看護師のためにその可能性を示せればと思います。

自分を知るためのとりあえずのステップ

 

まずは、過去を振り返ってみましょう

 

過去の自分の行動のなかには、時間が経っても変わることのない自分らしさが顔をのぞかせているはずです。それは、未来を考える上での大きなヒントになります。

 

将来の自分を考える上で、重要なヒントを与えてくれるのは「過去の自分」です。過去は、客観的な事実の積み重ねです。そこには、本人さえも意識していなかったような志向や好みが映し出されていることがあります。「これからの自分は、どうするべきだろう。どうしたいんだろう」という問いかけが自分の中で生まれたら、まずは「これまでの自分はどうだったんだろう」と考えてみて下さい。

 

その際に参考になるのが以下の質問の2つです。

①現在の職場に何年勤めていますか?

 

21% 1~3年

 

21% 4~6年

 

17% 10~20年

 

16% 20年以上

 

13% 7~10年

 

8% 1年未満

 

4% 無職

②今まで体験した部署は?

 

1位 整形外科

2位 循環器科

3位 呼吸器科

4位 消化器科

5位 消火器外科

 

例えば勤続年数ならば、それを振り返ることをきっかけに、「どうして自分は同じ職場に長く、もしくは短く勤めているのかな?」と問いに発展できます。

それに対する答えが「仕事がおもしろい」ならば、「その仕事のどんな部分がおもしろいのか?」答えが「人間関係がいいから」ならば、「どんなシーンで人間関係の良さを感じたのか」と質問を掘り下げていけます。

 

そこに、あなたの本当の志向や求めているものが潜んでいるのです。

 

過去を知るためには、仕事以外の情報も参考になります。昔の日記やブログを振り返ってみたり、写真を見てみるのもいいでしょう。それらをきっかけに、そのときの自分が何をして、何を感じていたかが甦ってくるはずです。

 

それでは、看護師の転職でより自分にマッチした職場を選ぶために、色々と探っていきましょう。看護師転職の情報サイトがとても力強い味方になってくれます。

tags: , ,

No Comments »

15 7月

特定看護師は必要?

Posted in 未分類 on 15.07.14 by Merlyn

夜勤の規制緩和を進める一方で、看護師の仕事内容が一気に変わってしまう議論が2009年から進んでおり、注目されています。高齢化社会が拡大する対策として、厚生労働省は「チーム医療の推進に関わる検討会」で、看護師の役割・業務を拡大する特定看護師の設立を進めてきました。

これまで関われなかった医療業務ができるのはメリットですが、看護師業務はより高度なものへとシフトしていくと考えられます。実際に導入されて・稼働していく中で問題は浮き彫りにされていくと思いますが、メリットとデメリットの両方があることでしょう。

たとえば傷口の縫合や在宅医療等の医療行為など、ますます看護師の役割は大きくなっていくことが予想されます。

ここでチーム医療検討会の目的をさかのぼって確認してみると、日本の実情にあった医師と看護師が協力して働けるようにうまく連携する仕組みについて話し合うというものでした。

ここであらためて看護師のもともとの役割についてみていくと、保健師助産師看護師法で、厚生労働大臣の免許をうけて、傷病者もしくは辱婦に対する療養上の世話または診療の補助をするものとあります。

この中の診療の補助という部分ですが、医療行為の範囲が定かではなかったため、随時内容が追加されてきました。ここで特定看護師の条件を見ると、一定の経験年数と専門のカラキュラムのある大学院の修士課程を修了していること等があります。

ここで問題となるのが、現在看護師不足の状況にたいして・業務の範囲が拡大するわけですから、ますます看護師の業務が激務になることが予想できます。

ちなみに、2014年6月には、「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が成立し、「特定行為に係る看護師の研修制度」が法制化されました。

tags:

コメントは受け付けていません。

06 10月

ナースの夜勤の時間帯は?病院とクリニックの勤務体制は?

Posted in 未分類 on 06.10.13 by Merlyn

ナースの仕事で一番多いのは、病院と呼ばれる職場となります。

病院の勤務は普通24時間体制となってます。だから交代制の勤務になります。
とても不規則な時間帯での勤務になります。
仕事は2交代制と3交代制の2つにわかれます。

2交代制とは日勤の8時間と夕方から翌朝までの16時間。
要するに、日勤と夜勤を合体したバージョンです。
不規則な時間帯での長時間勤務になります。

メリットとしては長時間勤務なので連絡が一貫性でできる事。
1回の勤務は長いけど、その代わりちゃんと休みがもらえる事でしょう。

デメリットは、やっぱり不規則な時間帯しかも長時間の勤務でしょう。
それによって精神的な身体的な負担は計り知れません。

3交代制は1日を3つの勤務に分けます。
日勤、準夜勤、深夜勤。

メリットとしては長時間の仕事ではない事です。

デメリットは、勤務時間は短いけれど、サイクルがとても問題です。
基本的には日勤は8時〜16時まで。準夜勤は16時〜24時まで。
深夜勤は24時〜8時までとなっています。

だから日勤の次が深夜勤という事も当然の事あるわけです。
しかも時間キッチリに終わる仕事では決してありません。
だから、充分な休息時間が取れないんです。

そういった意味で負担がとても大きい勤務になります。
ですが、夜勤の場合は手当が多くつきます。
夜勤が有るのと無いのではお給料の金額が大きく変わってきます。

しかし、そんな中でもやっぱり過酷なあまり転職を考えるナースも少なくありません。

理由として、夜勤がキツイという理由が圧倒的に多いのが現状です。
実際に夜勤の無い職場はあります。
個人経営のクリニックをはじめ、老人施設など探せばいくらでもあります。

クリニックでは、外来診療が主な仕事になります。
病院みたいに大きくもなく、もちろん病院よりナースの数も圧倒的に少ないのがクリニックの特徴です。
こうしてみると少ない分1人でこなす仕事が多く忙しいように感じますよね。
しかし、通常は患者さんを1人ずつ診察します。
患者さん全てに処置が必要なわけではないので実際の所仕事の流れは穏やかです。
患者さんの診察がスムーズに進むためのお手伝いと思っていただけたらいいと思います。

時間帯は午前、午後にわかれていて、勤務時間も短くナースにとっては生活のリズムを崩さず勤務できる有難い職場かもしれません。

ナースは需要の大きい職業なので転職サイトもありますし、探しやすい仕事でもあります。
不規則な時間帯での仕事がとてもキツイと感じたら転職も考えてみてもいいのではないでしょうか。まずはチェックして、自分に合った職場を探してみては。

tags: , , , ,

コメントは受け付けていません。

06 10月

ナースを辞めたいと考える方へ|その前に検討して欲しいこと

Posted in 未分類 on 06.10.13 by Merlyn

今、現時点で、ナースを辞めたいと思っている人は沢山います。その理由はさまざまですが、例えば、病院内での人間関係、(医療スタッフや、患者さんとの関係) 勤務時間の厳しさや 労働条件、経済的な問題、さまざまな理由があると思います。

しかし、今ナースを辞めたいと思っている人の中には、転職して、病院を変える事によって解決できることもあると思います。

今の病院が合わないとゆうだけであって、元々はナースとゆうお仕事に憧れ、誇りを持ち、今まで頑張ってこられたことでしょう!

私にはそんな気持ちが良く分ります。

そんな方には、ナースを辞めたいと思うのではなく、ナースとして、新しい環境で、新しく踏み出してほしいです。

今は、サイトでも新しい病院を紹介してくれるようになっています。

ナースを続けるという選択は捨ててほしくありません。

どの仕事でもそうですが、同じ仕事をしていても、その場所の環境次第でその人のやる気も求められることも違ってきます。私もそうでした。

私も環境にふりまわされ、自分を見失った時期がありました。今はもう立ち直っていますが、その時は若かったせいもあり、本当に毎日のように泣いていました

その時は、ナースを辞めたいとゆう思いしかなく、辛い毎日でしたが、ある時人に助けられました。。

それは、今の主人なんですが、彼はナースである私を心から応援してくれています。

彼はその時に必要としてくれる場所を自分で探す事を指摘してくれました。

その言葉は私を変えてくれました。

どんな人間も必要としてくれる場所があります。特にナースとゆう仕事は患者さんに必要とされます。

でも、それが、大きなプレッシャーになる事もありますが、乗り越えれます。

それが、医療現場の仲間やスタッフだと思います。私は再就職で今の現場の仲間と出会いました。

前の病院とは違い、本当に楽しく優しい気持ちで仕事することができています。

前の病院での人間トラブルが嘘のようになつかしいくらいです。

なので、転職して、病院を変えたことが、本当に良かったと思います。

何より、ナースを辞めずに済んだこと。私はやはり、看護師とゆう仕事が大好きです。
人間ですから、合わない人も出てくるでしょうし、辛い事もあると思いますが、あなたがナースとして輝ける場所が必ずあると思います。

思い切って、病院を変えてみてはどうでしょうか

tags: , , ,

コメントは受け付けていません。

06 10月

看護師の身だしなみとその他マナーについて

Posted in 未分類 on 06.10.13 by Merlyn

看護師の身だしなみついては、看護師になる前の段階です。
看護実習の時から教員や看護スタッフから身だしなみについて指導を受けた経験があると思います。実際に実習中に身だしなみについて指導を受けた経験がある人の中でも、「その通りだ」と納得する人もいれば、「そんなに厳しくなくてもいいのに。」と思う人もいます。

 

なぜ看護師は身だしなみを注意しなければならないのだろうか?少し考えていきましょう。

 

看護師だけではなく基本的にどんな職業であったとしても、 身だしなみは大切ではないでしょうか。

看護師は感染対策の面からも、厳しく身だしなみについて求められています。
例え、その病院自体の身だしなみのルールがなくても 看護師として働いているのであれば、いつも看護師長などから指導を受けることは当たり前です。
実際に、新人看護師が仕事を辞めたいと思う主な理由は「厳しい身だしなみの基準が嫌だから」とか「身だしなみは個人の自由だから」という意見もあり必ず看護師全員が身だしなみの重要性を実感していないというのが現状です。

身だしなみの基準は、その病院などの勤め先によっても違いますが 、基本的には「常識の範囲」ていう感じで漠然としています。残念ながら、この「常識の範囲」は、最近就職した新人看護師や中堅看護師やベテラン看護師では大きく変わってきます。
だから指導する方も、なぜこんなことまで指導しなければならないのかと疑問を持つ人もいます。
しかし忘れてはいけないのは、看護師は、患者さんに1番近いところで働き 患者さんと直接コンタクトをとる立場であること。

患者さんは、病気によって免疫力が下がっています。
病院はオープンスペースであるため感染しやすい環境であること。そのため、患者さんの近くにいる看護師は、常に清潔であることが求められ、看護師が感染源となるような状況を作ってはいけません。
そのために、感染源にならないような「長い髪はまとめる。爪は短くする。 指輪や時計、ピアスはしない。」などが大切です。

髪や爪、装飾品に菌が付いた場合、患者さんに感染してしまう可能性を作ってしまいます。
また清潔以外の身だしなみとしては、派手な髪や爪の色、マニュキア・化粧は、人にあまり良くない印象を与えます。
どれだけ清潔できちんと仕事ができたとしても、派手すぎる外観は、 不真面目だという印象を与えてしまいます。
病院は看護師が 注目される場所ではありません。
患者さんが治療をする場所です。そういったことから身だしなみは当たり前の事。
看護師は患者さんの立場をもっともっと考えないといけない、とゆう事ですね。

tags: , ,

コメントは受け付けていません。

06 10月

ナースに適したヘアアレンジとカラーは?!

Posted in 未分類 on 06.10.13 by Merlyn

今回子供の通う病院で感じたこと・・それは病院の女性ドクターや、ナースたちのヘアアレンジです。

 

私は今沖縄に住んでいますが、子供の生まれつきの疾患の病気の為、東京の大学病院に半年に一度通っていますが、

同じ大学病院でも、沖縄と東京では、かなり違いますね・・・

まず、女性のドクターは科にもよるんですが、私の通う科は手術専門ではないからなのか、皆さんとても派手で、びっくりしました。

ピアスしていたり、ハイヒール、そして、きわめつけがネイル・・・

何科とは言いませんが、本当に衝撃でした!

別に医療に支障がないのなら、こちらはかまわないんですが、それにしても女性ドクターたちの派手ぶりにはおどろきましたね・・・

ヘアアレンジはとにかくオシャレで、女性としては、オシャレだし憧れるんですが、ドクターとしてみると、何故か親近感がわきません・・・

まあ、不潔感あるドクターよりはかなりマシではありますが・・・

ナースの方達はそこまで、派手ではないですが、やはり沖縄よりあか抜けていますね。

沖縄にナースの友達がいるので、聞いてみました。

ナースのヘアアレンジには、原則的なルールなどはないそうですが、病院によって違うらしく、学校と一緒で、規定のゆるい病院から厳しい病院まであるみたいですね。

若い子なんかは、オシャレもしたいだろうし、ヘアアレンジに気合を入れたナースもいるかもしれませんが、

大体は、結局仕事がしやすいヘアアレンジみたいですね。

病院の印象や、患者さんからの印象は大切なので、特に大きな大学病院でのナースのヘアアレンジは厳しい所もあるみたいです。

私がお世話になってる大学病院では、ドクターの方が派手でしたから、ナースの規定の方が厳しいんでしょうね。

でも、ドクターにしろナースにしろ、髪のカラーは茶髪の方はいませんでした。

やはり、病院とゆうこともありますから、清潔感が一番なんでしょうね。

患者側からみても、清潔感のあるカラーやヘアアレンジのドクターやナースにお願いしたいものです。

ナースは最近は、あのトレードマークのナースキャップもしてる病院は見なくなりましたね。

あのキャップもどこにいったんでしょう・・・・とふと、疑問におもったりなんかして聞いたことがありましたが、

不衛生だからとゆう話を聞きました。やはりどちらにしろ、ナースには、清潔感を求められるってことなんですね。

ナースのヘアアレンジやドクターのオシャレは時代もあり、自由にできる病院もあるとおもいますが、医療の発展も同じくらい、気合入れて頑張ってほしいですね・・・

 

 

コメントは受け付けていません。

06 10月

給料が高い病院はどんなところ?|看護師の場合

Posted in 未分類 on 06.10.13 by Merlyn

看護師の給料が高い病院とはどんな病院なのか調べてみました。

看護師として働いている妹に今のお給料額を聞きました。

 

看護師の給料は病院によってかなり差があるらしく、妹は転職も考えているそうです。

 

いくら一生懸命働いても、他の病院で同じ仕事をしているお友達と比べると、かなり違うらしいので転職を考えているみたいなんですが、私も姉として、協力してあげたいので、調べてみたんです。

まず、訪問看護などの、労働環境が厳しいといえる、体力の使う看護などは、お給料も良いみたいですね。

その他には、やはり、総合病院や 大学病院などの大きい病院で、更に技術や知識のある勉強をして、スキルアップすればかなりの高収入になるみたいです。

妹はまだ、看護師になって2年くらいなので、今から病院を選べば、将来の給料も期待できるんでしょうが、今はまだ、高収入は難しいかもしれませんね・・・

どの仕事でもそうだと思いますし、当たり前のことなんですが・・・

他にも、精神科や老人ホームなど、聞くだけで大変な仕事ばかり。。。

私のお友達には訪問介護の仕事をしている友達がいますが、ただ重労働だけでなく、お年寄りからの感謝の気持ちや優しさをばねに頑張っています。

あるお婆ちゃんから、いつもありがとうと書いた手紙を見せてくれました。

それを見て、本当に素敵だなと思いましたし、素敵な仕事をしているなと思いました。

もちろん、色んな勉強もしていましたし、努力しているのも知っています。

彼女のお給料は聞いた事がありませんでしたが・・・

こうやって調べてみると、結構もらっているのかもしれませんね・・・

でも、毎日とても楽しいと言っていましたし、きつい事もあるでしょうが、本当に合っているんでしょうね。

妹にもそんな風になってほしいですが。

やはり、高い給料をもらうためには、あらゆる努力なんでしょうね・・・

でも今の彼女のスキルで、今より高い給料がもらえる病院もあると思います。

やはり妹には立派な看護師さんになってほしいので、私も何かサポートしていきたいと思います。
あるサイトでは給料の高い病院を教えてくれたり、就職までのサポートをしてくれると聞きました。

私が調べても、情報は確かではないでしょうし、やはり、そちらのサイトで給料の高い病院を紹介してもらうのが

良さそうですね。

サポートしてくれるなら、ありがたいですし。

看護師になるまで、とても熱心に頑張ってる妹を見て感心して尊敬しています。

妹がもっと頑張れる病院が早く見つかることが姉の願いです。

コメントは受け付けていません。

23 8月

看護師のキャリアアップで見えてくる未来

Posted in 未分類 on 23.08.13 by Merlyn

看護師の方に言うまでもありませんが、あえて言わせてもらいます。

医療は常に変化していて、一年前の常識が新しい研究の発表で非常識に転換することも珍しくありません。「1度学んだから」「いつも行っているから」という事は医療において何の根拠もないことは周知の事実です。大切なのは、常に最新の知識を取り入れることや、長年行っていることでも根拠が示されれば、その日から知識を更新して技術を習得する柔軟性です。そう、看護師は常に進化が必要な仕事なのです。経験だけでは補えません。この柔軟性を生涯持ち続けなければいけならない職場風土のなかで仕事ができていますか?

 

そこで看護師のキャリアについてですが、自分自身の未来を作り上げる意識がキャリア形成には必要です。最近は看護師のキャリアを考える機会が看護大学などから少しずつ出てきました。

 

しかし、看護師にどのような可能性があるのか教育の場で伝えてもらえていない方も多いのではないでしょうか。

看護師として勤務する場所を考えたとき、どこを思い浮かべますか?

 

病院?クリニック?

 

看護師の可能性はこうした分野にはとどまりません。

看護師のキャリアアップはそれだけではなく、国内・海外を含め活躍できる場は様々です。

まずは、忙しさに流され「目の前のことをこなすだけ」ちおう生活から、将来的に自分はどのようなキャリアを形成していきたいのか?そのために必要なステップのどの段階にいるのか?という事を意識してみましょう。

 

看護師としての基礎的な知識、技術が習得できれいれば、可能性は大きく広がります。このベースを身に着けるには必ずしも病棟に入職する必要があるわけではありません。外来でも検査室でも、業務遂行に必要な3要素でもある観察力、思考力、行動力を発揮できれば、必要な知識、技術を磨くことは可能です。

 

看護師としての多様な可能性を、着実に自分のキャリアとして創り上げていくには、忙しさに流されるのではなく、「未来」意識しながら真剣に打ち込める職場で勤務している事が大切です。

 

ここで看護師のキャリアについて紹介します。キャリアアップを図る道はざっとこれだけあります。

 

●専門看護師、認定看護師、ジェネラリスト

 

●病院、施設、訪問

 

●管理職

 

●起業(起業・勤務)

 

●学術(教育・研究)

●社会活動(国内・海外)

 

●政治(国・地域)

 

●行政(厚生省・地方)

 

●組織・職能団体

 

●飲食店

 

●ツアーナース

 

ざっとこれだけのキャリアを積むことができるのです。これだけの可能性が秘められている看護師、キャリアを積んでいる、仕事をしている本人は大変で可能性を感じていなくても、ほかの職業からするととても魅力的に映るはずです。

 

病院、クリニックだけに止まることなく、あらゆる分野で活躍できる可能性がある事をどうぞ感じて下さい。

tags: , ,

No Comments »

23 8月

看護師転職の選び方|未来を探る

Posted in 未分類 on 23.08.13 by Merlyn

看護師の転職を検討している方は、様々な理由から転職を考えるかと思いますが、ここでは人生プランから見直して「よりよい未来のために転職をする」というアプローチを提案したいと思います。。以下は、看護師の方が考える比較的多い答えだった人生プランです。

 

他の看護師の「5年人生プラン」

 

・子どもたちが社会人になる予定のため、仕事以外のやっていみたい事を計画中。

・5年以内に結婚、出産、子育てまでやりたいです。

・通信制の短大に行き、2年後に正看護師になる。その1年後、正看護師になった娘と同業者としてお互いを刺激しつつ仕事をさらに充実させる。そして再婚する。

他の看護師の「10年人生プラン」

 

・この歳になったら、もう何も冒険できません。ローンのため、病気せず10年先ぐらいまで仕事できれば幸せです。

・結婚⇒出産⇒育児⇒復職⇒専門・認定看護師(できれば特定)を目指す

・いずれは日本のナース界を変えたい

・退職後、海外ボランティアに参加する予定

・10年先で下の子が小4。まだまだ教育費のために働かないといけません。

・大学院に進学して、専門看護師を目指して、地域に戻ってくる。

・スタッフを育てたい。同じ分野の認定を目指しているスタッフが2名いるので、2名を進学させて質の高い看護が継続できることを見届けてから退職(定年)したい

看護師という職を通して、あなたはどんな人生プランを立てていますか?

 

上記の5年の人生プラン、10年人生プランはそこまで具体的には決まっていないものもありますが、おおよそどんな未来を見ているのかが参考になります。

 

そこがポイントです。

 

あなたはこれらの人生プランをみてどう思いますか?うらやましいと感じたものがありますか?それとも、自分はもっと良い人生プランを組み立てたいと思いましたか?

 

どう捉えるかは本人次第ですが、誰もが人生プランを考える、未来を考えるなら前向きなものがよいはずです。ですが、今の現実を考えるとどうしても後ろ向きに考えてしまうという方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、今がどんな状況であれば、目指すことであなたの向かう方向はじょじょに変わってくるはずです。今、もし看護師の転職を検討しているのならそれもあなたが目指した結果そうなっているのです。

 

少しずつ。

 

少しずつでいいので、あなたが人生を、未来のプランを立てる上では、少しでも明るくなるような人生プランを立ててみましょう。

 

今の職場でよいという答えが見つかるかもしれませんし、絶対転職するはずだと考えるかもしれません。まずはあなたがアクションを起こしてこそ、次の未来が待っています。

 

tags: , ,

No Comments »

22 8月

看護師転職の選び方|現在を探る

Posted in 未分類 on 22.08.13 by Merlyn

過去を振り返ることで、あなたの潜在的な志向や希望を顕在化することができました。

 

これらは長い時間をかけて作り上げれた、あなたの本質的な意識です。

 

つまり、「本当の自分」ともいえるものです。

 

つぎに考える「現在」では、この「本当の自分」と現在の自分の状況とのマッチングを考えていきます。「今のままじゃイヤだけど、何がどう不満で、どう変えていけばいいか分からない」という人は、この作業をすることで不満・不安の原因や対処法が見えてくるはずです。

 

そこで参考になるのが、看護師の仕事がどれくらい生活の中を占めているのか?という点です。どれくらい生活の中で看護師という仕事が占めているかで、対処法は少なからず見えてくるはずです。

 

仕事とプライベートの両立を目指す人は50%程度かとおもいますが、「ナースとしての経験をもっと積んでスキルアップしていきたい」と考える看護師なら、仕事の比率はさらに上がっているはずです。はたまた、「家庭での時間こそが自分にとっては大切」という人は50%未満になっているかと思います。

 

あくまでも、過去から導き出した自分の志向と現状とがマッチしているかどうかを探るのです。そこに生じているズレを知り、より最適なバランスを考えることこそが、「なりたい自分」になるための具体策になります。

 

「なぜ働くのか?」というシンプルな問い

 

働く理由というのを深く考えたことがありますか?特に看護師や看護師の転職を繰り返したりしている内は、忙しすぎて、または生活がいっぱいいっぱいで考えたことがないという場合が多いはずです。

 

もし、あなたが「なぜ働くのか?」という問いに対して「自分を成長させたい」という答えになっているなら、今の職場でも問題はないかと思います。成長はどこの病院や機関でもできる事ですから。

 

ですが、毎日「なんで自分は働いているんだろう」「こんな職場イヤだ」「もっと給料が高いところで働きたい」というような不満を持っているなら、「なぜ働くのか?」という問いは、とても重要な意味を持ちます。

 

その答えは、特に多くの日本人が持っているかと思います。日本は先進国で比較的平和な国だと言われているのに、自殺数が世界一なのですから。

 

まず、今1度看護師の仕事でよいのだろうか?というところから考えてみましょう。そこで、看護師の仕事にやりがいを感じるなら問題ありません。その場合、職場やその他の条件がマッチしている職場に転職することで解決される可能性が高いはずです。

 

ですが、看護師の仕事自体に疑問を感じているなら、新しい道を探してみてもよいかもしれません。

tags: , ,

No Comments »